治療や指導など、色々な事ができる歯科医院
【目次】

身体の中で自然治癒が出来ないところに、歯があげられます。
一度虫歯や歯周病になってしまうと、自分の力では治すことができないため、歯科医院を受診して治療を受けていくことになります。
虫歯にならないための予防は欧米ではかなり進んでいるのに日本ではまだまだと言われています。
しかし意識は向上している流れもありますので注目です。

歯について歯医者に相談している様子ちなみに、歯科医院では虫歯の治療だけではなく、さまざまな悩みを解決することができます。
たとえば歯科医院でできることには歯並びを矯正することがあげられます。
間が空いていたり、出っ張っていたり、八重歯など、歯並びが悪い事で気になっている方は、矯正を受ける事で解決できます。
矯正は専門的な技術を持つ医師に任せると安心です。
虫歯の治療と両方行っている歯科医院もあります。
歯並びが悪いことがコンプレックスになっている方は多く、性格まで暗くなってしまったり、恋愛に奥手になったりといった事も起こりやすいですが、この悩みは矯正で解決することが可能です。
もちろん精神的な面だけではなく、噛み合わせも悪いことで肩こりや頭痛が起こったりといった健康的な面でのデメリットも生じてしまいます。
歯並びが悪い事は、自分で努力しても解決できないコンプレックスの一つでもありますし、歯科医院で相談してみると良いでしょう。
例えば、徳島県の歯科医院では、痛みの少ない治療方法を取り入れており、治療中の不安な気持ちを無くしてくれます。
悩みを解決するなら、少しでも治療中の不快感を無くすべきでしょう。
(私自身、出張で歯痛がした際、徳島県の歯科医院には大変お世話になりました。)

その他できることとして、マウスピースを作ってもらうこともあげられます。
最近ではスポーツをする方の間でマウスピースを装着するケースも増えています。
また寝ている間に歯ぎしりをしてしまう方も、就寝時にマウスピースを使う事でダメージを軽減することが出来ます。
市販されているマウスピースもありますが、型取りをしてもらい、自分の口腔内に合ったものを装着することで呼吸もしづらくなりませんのでお勧めです。

また、審美的な効果を求める方には、歯を白くしてもらいたいという事で診察を受ける事も可能です。
専用の薬液を塗布して、レーザーなどを照射することで歯を白くすることが出来ます。
セルフケアで白く出来るとうたわれている歯磨き粉を使っていても、なかなか白くすることは難しいので、ヤニやステインで黄色くなった歯が気になる方は、歯科医院できれいにしてもらいましょう。

虫歯と並んで歯周病で悩む方も多いですが、1度なると完治することは無いと言われています。
しかし進行を遅らせたりすることは出来ますので治療を受けていく事をお勧めします。

予防歯科について

今日本でも注目され始めているのが、予防歯科です。
診察をする歯科女医今までは痛みを感じたり、違和感などの症状が出てから歯科医院を受診して治療を受けるというケースが多かったのですが、デメリットも多いのです。
それはけずったり、神経を取るなどの処置をしなければならないケースが生じたり、最悪の場合抜歯しなければならないといった事にもつながってしまい、リスクも大きくなります。
しかし未然に防ぐことが出来たり初期の段階で治療が出来れば、痛みも少ない治療でしかも費用も少なく、メリットは非常に大きいのです。

予防歯科は、定期的に検診を受けたり、プラークや歯石をきれいにスケーリングという超音波を使った器具でとっていくことができます。
プラークという汚れがたまると、歯石になってしまい、歯石は歯ブラシでは取ることが出来ないため、歯科医院でのお掃除は必須です。
定期的に検診を受ける事で、初期の虫歯もすぐに治療できますのでリスクも少ないのです。
予防歯科は、欧米の方ではかなり進んでいて、意識としても違和感が出てから診察を受けるのではなく、みなさん定期的に通っているのです。
さらに、審美的な所でも日本よりも意識は進んでいると言われています。

予防歯科においては、もちろんセルフケアも重要です。
ハミガキは多くの方が行っていますが、それ以外にも、歯間ブラシやフロスを使っていく事も忘れずに行いましょう。
最近では電動ハブラシも高機能になっていて、よりきれいに磨けるようなタイプも登場しています。
歯茎をきずつけないように、優しい力で細かく動かして磨いていきましょう。
また、予防歯科に力を入れているところは、衛生師などからハミガキのやり方なども指導してもらうことも出来ますし、一度見直してみるという意味で受けてみても良いです。

就寝時には、唾液の分泌も減るため、デンタルリンスを使っていく事もお勧めです。
様々なメーカーから出ているデンタルリンスですが、就寝前に使う専用としてうたわれているものがあったり、携帯できるように小サイズの物もあります。
休憩時間に使ったり、食事の後に使うとリフレッシュ効果もありますし、もちろん予防歯科にもつながりますので1つ鞄に入れておくのもお勧めです。

症状が出る前に歯科医院を定期的に受診して予防歯科を心がけていくと、虫歯になっていたとしても初期の段階ですので治療も楽です。
歯は一生使うものですし、一度削ったり抜いたりすれば再生しませんので、積極的に予防していきましょう。

関連ページはこちら